土浦駅、石岡駅、八郷町、つくば市、学園、神立方面の無料個人送迎あります。常磐自動車道土浦北インターそばの霞ヶ浦自動車学校のホームページです。

pic_tel.gif

blog

自動車教習所で初めて車を運転したとき、ワクワク感と緊張が入り交じったはず。そんな中で車の操作を習うワケですが、意外と覚えることが多いですよね。慣れないことばかりでアクシデントが発生することも。そんな教習所での出来事を読者544名に聞きました。

Q.自動車教習所でやってしまったミスやアクシデントを教えてください(複数回答)
1位 S字・クランクで脱輪してしまう 16.5%
2位 ウインカーとワイパーを間違える 12.5%
3位 アクセルを思いっきり踏む 10.7%
4位 バックをするときにハンドルを切る向きを間違えた 9.6%
5位 路上教習でエンスト 9.4%

■S字・クランクで脱輪してしまう
・「ありがちなミスを、まさか自分もやってしまうと思いませんでした」(33歳男性/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「これを仮免の試験の時にしてしまった」(27歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「正確にはT字ですが、卒業検定で脱輪して受け直すハメに......」(34歳男性/金属・鉄鋼・化学)

■ウインカーとワイパーを間違える
・「これは最初、何回もした」(31歳男性/金融・証券/専門職)
・「確か免許を取った後でやらかした気がする」(31歳女性/医療・福祉/専門職)
・「ウインカーとバンパーのミスは日常茶飯事」(22歳女性/団体・公益法人・官公庁)

■アクセルを思いっきり踏む
・「ブレーキとアクセルを踏み間違えたことはたくさんあります」(27歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「首が痛かったです」(26歳女性/電機/事務系専門職)
・「"もっと速度出して"といわれて、加減がわからずべた踏みした」(35歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

■バックをするときにハンドルを切る向きを間違えた
・「これは今もたまにある」(26歳男性/医療・福祉/専門職)
・「いまだにたまにやって、成長してないと思う」(36歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「どうしても逆に回すくせが抜けなかった」(24歳女性/小売店/販売職・サービス系)

■路上教習でエンスト
・「僕らの時代はマニュアル車しかなかったので、エンストはありましたね」(52歳男性/金融・証券/専門職)
・「後続車がいる交差点でエンストして、パニクってハザードランプつけて教官をじらせた記憶があります」(22歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「関係ないことを叫ばれびっくりした時に発生」(50歳男性/情報・IT/技術職)

■番外編:路上教習でトラブル発生!
・「卒業検定で信じられないくらいのゲリラ豪雨で、まったく前が見えずコースは変更になるし、どこを走っているのかもわからず、無事に帰ってきただけで検定に合格した」(45歳男性/電力・ガス・石油/技術職)
・「路上教習で、前後をお祭りのおみこしに挟まれた。どうしていいかわからなかった」(30歳女性/自動車関連/事務系専門職)
・「初めて路上に出た瞬間、反対車線を走り絶叫された。敷地内では2車線なかったからわからなかった」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

●総評
1位は「S字・クランクで脱輪してしまう」でした。狭い教習所のこれまた狭いクランクでは、脱輪した人も多いはず。内輪差の感覚をつかむのもこのとき。教習所での第一関門です。2位は「ウインカーとワイパーを間違える」。

教習の初期段階では迷いますね。レバーの記号を確認しているうちに、ウインカーを出すタイミングを逃してしまうことも。

3位は「アクセルを思いっきり踏む」でした。運転で難しいのは「加減」。しかし、教官もそれを先読みしていて、常にブレーキを踏む準備をしています。教習所内だからこそ許されるミスですね。

4位は「バックをするときにハンドルを切る向きを間違えた」。免許取得後もよく間違える、というコメントが目立ちました。「バックは前進の逆」という認識から、逆にハンドルを切ってしまうことがあるようです。

自動車教習所はアクシデントの宝庫。車の操作だけではなく、教官やほかの車の動き、天候など、教習生はさまざまな対応を迫られます。運転に慣れてくると、待合室で盛り上がる話は「今日はどの教官?」。以前はどの教習所にも名物鬼教官がいたものですが、最近は優しい教官が増えているようですね。

(文・OFFICE-SANGA 秋田茂人)

自動車教習所でやってしまったミスやアクシデント1位「S字・クランクで脱輪してしまう」 - Ameba News [アメーバニュース]

 大型免許を取得するために自動車教習所から無償でバスを借り、指導も受けたとして、愛知県警は21日、運転免許課次長の井本泰寿警視(60)を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とした。

 運転免許課は自動車教習所の指導・監督を担当しており、県警は同日付で井本警視を交通部付とする人事を発令した。

 県警によると、2008年4月ごろ、県内の自動車教習所から無償で大型バスを借り、教習所の教官を乗せて一般道で運転練習したほか、同年4~9月、名古屋市の運転免許試験場で公務時間外に大型バスやフォークリフトを無許可で運転していた。

 同年中に大型2種免許と大型特殊自動車2種免許を取得していた。県警の調査に「業務管理に必要と思って、免許を取得した。不適切な行為で反省している」と話している。

警視が教習所から無償でバスを借りて一般道で運転練習 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

株式会社エンカレッジジャパンは、教習所への就職・転職に特化した求人紹介サイト「教習所就職ナビ」をリリースしました。

既に教習指導員としての資格を持つ方の転職、これから新たに指導員資格を取得する方(新卒含む)向けの転職・就職情報を掲載しており、就職・転職希望者から教習所へダイレクトにコンタクトを図ることも可能です。

指導員・検定員不足の教習所向けにも求人情報の掲載を積極的に働きかけるており、また指導員資格の取得方法等の概要も掲載を行い、包括的に応援するサイトとなっています。

株式会社エンカレッジジャパンでは他にも教習所の経営コンサル等も行っている。

教習所就職ナビ~教習指導員の転職~
http://shidouin-job.net/

 忘年会シーズンを迎え、飲酒の機会が増えることから、宮崎県警都城署は10日、都城市都北町の警友自動車学校で、酒を飲んで車を運転し、危険性を体験するイベント「飲酒運転・ためしてガッチャン大会」を開いた。ビールや焼酎で酔った40人がハンドルを握ったところ、カーブを曲がるのが遅れたり、道路脇の縁石に乗り上げたりした。

 都城署は2年前まで5年連続で飲酒運転の摘発者数が県内13署でトップ。昨年は2番目だったが、今年は43人(10月末現在)で最も多い。

 身をもって飲酒運転の危険を知ってもらおうと、都城地区交通安全協会の会員ら66人に呼びかけ、ハンドルキーパーを除く40人が1時間半かけてビールや焼酎を飲み、酒に酔った状態で運転席に座った。

 助手席には自動車学校の教官が乗り込み、5・5メートル間隔でコーン標識が立つスラロームコースやポールの幅が2メートルから10センチずつ短くなるコース、S字や直角に曲がるコースなどを走行。アルコールの影響でスピードを出し過ぎたり、ハンドル操作が遅れたりする車が相次ぎ、縁石に乗り上げるドライバーもいた。

 今も毎日運転するという鷹尾自治公民館長の男性(71)は焼酎のお湯割り3杯を飲んで臨んだ。ふらふらしながら運転したという男性「夜間で道が暗いと危ない。飲酒運転で事故を起こしたら、相手に迷惑をかけ、一生かけて償うことになる。絶対にしたらいけないと住民に伝えたい」と誓っていた。

 同署の黒瀬信太郎交通官は「飲酒によって判断は鈍くなる。この体験を周囲の人に話し、根絶につなげてもらいたい」と話していた。(阪東峻一)

教習所で開いた「ためしてガッチャン大会」とは : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 一日の授業が終わった夜の教習所。お気に入りのバイクにまたがった面々が集まってくる。

 鴨居駅そばにある自動車教習所「鴨居自動車学校」ではこの春から月に2回程度、閉校後の教習コースを二輪車安全運転全国大会の出場者に開放している。

 1年ほど前、同校の職員は交流のあるバイク販売店でこんな話を耳にした。「二輪の安全運転大会で神奈川県勢が中々勝てない。もっと練習する場所が県内にあったら状況は違ってくるのに」。

 どれだけ安全に走行できたかを競う同競技。S字やライン上の走行を何度も練習し、バランス感覚などを養う訓練が勝敗を分ける。練習場所の多い都心の選手たちは大会成績も良い傾向があるという。「神奈川から優勝者を」。それがバイク店や教習所など二輪に携わる地域の願いだった。

 現在、神奈川県下でも二輪事故は増加傾向にある。日頃から教習などを通じて事故撲滅に取り組む同校では、神奈川県勢が同大会で活躍することで、安全運転への意識を県全体であげられればとコースの開放を決めた。

神奈川から念願の優勝者

 この夏、鈴鹿サーキットで行われた第46回二輪車安全運転全国大会で神奈川県から一般クラスに出場した小倉剛さんが見事優勝に輝いた。小倉さんは同教習所で練習するひとり。同じ神奈川県勢のチームワークや意識の高さが優勝をおさめる重要な要因になったと分析する。「今年は皆の意識が違った。こういう雰囲気や集中力もいつもの練習の賜物。練習できる場所を提供してくれた鴨自さんに感謝したい」と話し、今後同様の練習場所が増えてくれれば嬉しいと付け加えた。

教習所を安全運転競技者に開放 | 緑区 | タウンニュース

 「秋の交通安全県民総ぐるみ運動」(30日まで)の一環として小山署などは26日、小山市大行寺の小山自動車教習所で「幼稚園児等に対する交通安全教室」を開いた。署員や県交通安全協会員などが紙芝居や腹話術で市内の幼稚園児約230人に分かりやすく交通ルールの基本を教えた。童話「おおきなかぶ」を題材にした紙芝居では、本来ならば大きなかぶ一つを掘り起こす場面で、赤・青・黄のかぶが登場。3色のかぶを信号にたとえ、「赤の時はどうするのかな」と読み手が会場に問いかけると、園児たちは「止まれ」と元気よく答えていた。梅ケ原幼稚園に通う小菅渓太君(5)は「道路は左右を見て手を上げて渡りたい」と話していた。

交通安全教室:幼稚園児230人が学ぶ??小山自動車教習所 /栃木- 毎日jp(毎日新聞)

 古屋圭司国家公安委員長は21日、全日本トラック協会の星野良三会長を呼び、中型免許問題に関してトラック業界からのヒアリングを行うことを明らかにした。07年に行われた中型免許制度の導入によって、総重量5t超のトラックを普通免許で運転できなくなったことで就業の機会が狭まったとして、トラック業界と同様に制度改正を求めている全国高等学校校長協会からもヒアリングを行う予定で、9月にも制度改正に向けた有識者懇談会を警察庁の中に設けて、検討していく。

中型免許に関しては日本商工会議所(岡村正会頭)も政府の経済財政諮問会議に「若年者雇用を拡大するため、高校新卒者が運送会社などですぐに就業できるよう、運転免許制度を以下のとおり見直すこと」を求めていた。

トラック業界では、保冷車など2t積載トラックであっても、保冷装置を装備すると総重量が5tを超えてしまい中型免許が必要となるケースが多いため、中型免許取得の年齢要件など(20歳以上、運転経歴2年以上)を引き下げるか、普通自動車運転免許で運転可能な車両総重量の上限を「6・5t未満」に見直すことを求めてきた。しかし、単純に運転可能な総重量を拡大した場合は、安全性の問題などから様々な批判が出ることが予想されていた。

こうしたことから今回は18歳でも免許取得が可能になる道筋が警察庁の有識者懇談会で探られることになりそうだ。
安倍内閣の「日本経済再生に向けた緊急経済対策」でも「国内の成長機会や若年雇用の縮小」が問題視されており、トラック業界が制度改善を求めていた中型免許の問題も、思わぬ方向から解決の糸口が見つかった格好だ。

●早ければ再来年の通常国会にも改正案?
免許制度の改正ではこうした懇談会が設けられることが多く、ほぼ1年程度かけて議論が行われそう。今後のスケジュールを考えると、早ければ再来年の通常国会にも改正案が提出されそうだ。

07年から施行された中型免許制度の受験資格は20歳以上で、普通免許を受けていた期間が通算して2年以上のものとなっている。方向性としては、なんらかの付帯条件が付くにしても18歳でも中型免許を取得できるようにする、というものになりそう。全ト協では「ヒアリングに望んでは現状と要望をしっかりと行っていきたい」としており、古屋国家公安委員長も、法律改正はスピード感を持ってやりたいという意向だという。

全ト協はこれまで、免許制度の法律改正が難しいため、内閣府令改正などによって普通免許で6・5t車を運転可能にすることを目指してきたが、今後は18歳でも中型免許取得を可能にするという方向で要望することになりそう。

●制度改正でドライバー不足への対応が急務に
22日に行われた全ト協の正副会長会議と常任理事会では、速報ベースながら7月の普通トラック販売が4ヵ月ぶりにプラスとなり、特に大型トラックが大幅に伸びていることが話題になったという。

輸送需要に関しては「東北地区のトラック需要が、がれき処理のダンプカーから、復興に向けた平ボディーに移ってきている」とも言われている。全ト協によると積載量2tクラスの営業用車両のうち、5~6・5tが全体の約55%を占めており、高卒ドライバーが入社後、2年間もこうした最も需要の多いトラックの乗れないことは、雇用面でも大きな障害になってきた。

協会トップも「明らかに輸送需要が伸びてきている。そうなるとドライバー不足への手当が必要になってくる」としており、高齢化が進むドライバー構成の中で若年労働者の確保がより一層、重要性を増していくなかで、免許制度改正は急がれる。

若年労働者の雇用に関しては、地方トラック協会によっては中型や大型免許取得に際し、助成金を出すなどの対策が行われてきた。こうした制度を利用すれば"免許取得費用の2分の1、上限5~15万円"程度は補助されるが、中型免許でも教習所には約20万円を支払わなければならないため、「21歳になったら大型免許をとればいい」ということで、なかなか中型免許の取得は進んでいなかった。

カーゴニュース_1969年創業物流情報の専門紙_運行管理者問題集発行

自動車教習所「コヤマドライビングスクール二子玉川校」で9月22日、東日本大震災チャリティーフェスティバル「パパルフェスティバル」が開催される。


毎年恒例の同イベントは、同校が近隣住民への日頃の感謝を込めて行うと同時に大学生サークルの活動発表の場として提供することを目的に開く。

2011年の東日本大震災以降はチャリティーイベントとして売り上げの一部を復興関連団体へ寄付しており、昨年は岩手県陸前高田のNPO法人「桜ライン311」へ42万3,246円を贈った。

来場者は例年2500人を超える。


当日は、フードコートでクレープ、焼き鳥(以上300円)、揚げタコ焼き、焼きそば(以上400円)やドリンク(200円)などを販売。

そのほか、チャリティーバザーブースやフリーマーケットコーナー、BMW・ハーレーダビッドソンなどの「運転体験コーナー」、消防はしご車や起震車など「玉川消防署体験コーナー」、キッズ電気自動車やミニバイク乗り場に加え、今回は同教習所のコースの一部を開放し立ち乗り2輪型ロボット「セグウェイ試乗会コーナー」も設ける。


イベントブースでは11時~15時ごろまで、東京都大学バトン連盟によるバトン、東京工業大学「ジャグてっく」によるジャグリング、明治学院大学・駒澤大学・東洋英和女学院大学各チームによるチアリーディング、中央大学「鼓央」による和太鼓など全10大学が14のパフォーマンスを披露する。


開催時間は10時~15時。入場無料。

伊賀市島ケ原(しまがはら)の公共温泉施設「島ケ原温泉やぶっちゃの湯」は地元の伊賀署などと連携し、十月から運転免許証を自主的に返納した六十五歳以上の人だけでなく同伴者四人も、料金を二割引きにする。

運転技術の衰えたお年寄りに、いかに免許証を県公安委員会に返納してもらうかが課題となっており、警察がやぶっちゃに持ち掛けて実現した。

署によると、こうした集客施設で自主返納者に割引サービスをするのは県内初。


やぶっちゃの湯は伊賀市が二〇〇五年開設し、住民でつくる、しまがはら郷づくり公社が運営している。

高齢化が進む京都府境にあり、年間の入浴客十四万人余りのうち三割が京都からやって来る。

そこで、県境を越えて木津署(京都府木津川市)と伊賀署、温泉施設が連携。三者が「自主返納を促し、交通事故を防止するため温泉料金を優待する」と記した覚書を交わした。


料金は大人八百円が六百四十円、三歳以上小学生以下の四百円が三百二十円になる。

七十歳以上は今でも六百四十円で入浴できるが、同伴者四人までが割引されることをPRしていく。


対象者は、施設の受け付けで、運転経歴証明書か、運転免許証の取り消し通知書を提示する。

証明書は、県運転免許センター(津市垂水)か警察署で自主返納した人が取得できる。


覚書の調印式が温泉施設であり、伊賀署の中勝則署長、木津署の中尾道忠署長らが出席。

公社の山出久克理事長は「運転免許の自主返納は、お年寄りの事故を減らす手段の一つ。地域に貢献できれば」と話した。


署などによると、自主返納した人への割引サービスとして、三重交通(津市)が、一部の路線を除いた全路線で、乗り放題形式の割引定期券を発売している。

三岐鉄道(四日市市)は、コミュニティバスを除くすべての路線で降車時に運転経歴証明書を示せば、運賃を半額にしている。


中日新聞:免許返納で入浴料2割引き 伊賀「やぶっちゃの湯」:三重(CHUNICHI Web)

警察庁は、中型自動車免許制度を見直す方針を固めた。近く有識者による検討会を設置し、検討を始める予定だ。

中型免許は、2007年に創設され、車両総重量5トン以上11トン未満の車両を運転できる免許(経過措置として8トン未満限定あり)で、受験資格が20歳以上とされているが、宅配便の集配やコンビニ配送などに使われる2トン車の総重量が5トンを超えるケースが多く、普通免許しか持たない高校新卒者が乗務できないという問題が起き、以前から全日本トラック協会などトラック運送業界が見直しを求めていた。

また、全国高等学校校長協会も高校新卒者の雇用確保の観点から、今年5月、警察庁に要望書を提出していた。

トラック運送業界や校長協会は、普通運転免許で運転できる車両総重量範囲の上限を現行の5トンから6.5トンに拡大するよう求めているが、警察庁では中型免許の受検可能年齢見直しなど、中型免許の制度改正で対応することになるとみられている。

警察庁、中型免許見直し、近く有識者検討会設置 | レスポンス

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

茨城県公安委員会指定
霞ヶ浦自動車学校
〒300-0061
茨城県土浦市並木5-5426

■申込はこちら
パル運転免許センター
TEL:0120-692-310
受付時間:10:00~20:00
(土日祝日は10:00~19:00)